Posts

「ルー」と「ルーチャック」をうまく使い分けましょう!

「ルー」(รู้ rúu)と「ルーチャック」(รู้จัก rúucɑ̀k)をうまく使い分けましょう!

「ルー」「ルーチャック」、どちらも「知っている」という意味です。タイ人の話を聞いてると、どっちも同じじゃない!って思ったりしたことありませんか?そんな困った顔しないで下さい!実は基本のルールが分かれば、とても簡単に使い分けることができます。

 

「ルー」は、事実や名前を聞いたことがあるという程度の、知識として「知っている」。主に事柄、話の内容、事件、物事の状況や事態などに対して使います。したがって、多くの場合「ルー」の後ろに「ルアング~ เรื่อง rʉ̂ɑŋ(~のこと)」か「ワ~ ว่า wɑ̂ɑ(~と、~ということ)が続きます。

例:

「ルー・ルアング・ナデット・ガップ・ヤヤ」

(รู้เรื่องณเดชกับญาญ่า  rúu rʉ̂ɑŋ Nɑ́-dèet kɑ̀p Yɑɑyɑ̂ɑ) は「ナデット君&とヤヤちゃんのことを知っている」という意味です。

「ルー・ワー・ナデット・ガップ・ヤヤ・ペン・ファエン・ガン」

(รู้ว่าณเดชกับญาญ่าเป็นแฟนกันrúu wɑ̂ɑ Nɑ́-dèet kɑ̀p Yɑɑyɑ̂ɑ pen fɛɛn kɑn) は「ナデット君とヤヤちゃんが付き合っているということを知っている」という意味です。

ガップ → と

ルアング → ~のこと

ワー → ~と、~ということ

ペン・ファエン・ガン → 付き合っている

 

「ルーチャック」は、人・場所・物を自分で体験して「知っている」、もしくは「知り合っている」。主に人(彼、彼女、あなた、私、人の名前、バンドの名前)と場所に対して使います。だから、「ルーチャック」の後ろには人・場所の名前が続く場合が多いです。

 

例:

「ルーチャック・ナデット・ガッブ・ヤヤ」

(รู้จักณเดชกับญาญ่า  rúucɑ̀k Nɑ́-dèet kɑ̀p Yɑɑyɑ̂ɑ) は 「ナデット君とヤヤちゃんを知っている(知り合っている)」と言う意味です。

どうですか?ルールが分かれば、簡単に使い分けれますでしょう?「知っている」対象は「人・場所・物」であるのか、それとも「事」であるのかを考えてから、「ルー」と「ルーチャック」の文章を作りましょう。

 

 

ちなみに、ナデット君とヤヤちゃんが誰?と言う方には大変失礼いたしました。

ナデット君とヤヤちゃんは著者の大好きなタイの若手俳優・女優です(>o<)本当にカッコいい&カワイイお二人で、またこのブログに何回も出てくるでしょう。また素敵なお二人のこと知りたい!と思う方、次回のエントリーをチェックして下さい!

yaya nadech2 yaya nadech1

疑問となるタイ語の疑問系

「ルー・プラオ?」(หรือเปล่า rʉ́ʉplɑ̀ɑw)
「ルー?」 (หรือ rʉ́ʉ)
「チャイ・マイ?」(ใช่ไหม chɑ̂y mɑ́y)

タイ語の疑問形って色々あって、どれをどう使えばいいのか迷ったことがありませんか?

タイ人がかなりいい加減に使ってないかって思ったことありますか
実はそんなにいい加減ではありません!
「ルー・プラオ?」(หรือเปล่า rʉ́ʉplɑ̀ɑw) は、「~ですか?」または「~ますか?」で、答えが「はい・いえ」となる場合に使います。
「ルー?」 (หรือ rʉ́ʉ) は「~なんですか?」と、疑いの気持ちが多少入った表現です。
「チャイ・マイ?」(ใช่ไหม chɑ̂y mɑ́y) は「~でしょう?」と、問い詰めたり確認したりするニュアンスが込められます。返答は肯定(はい)の場合は「チャイ ใช่ chɑ̂y」または「クラップ・カ ครับ/ค่ะ khrɑ́p/khɑ̂」を、否定(いいえ)の場合「マイ・チャイ ไม่ใช่ mɑ̂y chɑ̂y」または「プラオ เปล่า plɑ̀ɑw」を使います。
では、例文を見てみましょう:
パイ・ルー・プラオ? ไปหรือเปล่า? pɑ̄y rʉ́ʉplɑ̀ɑw? といった場合は「行きますか?」に一番近いですね。
パイ・ルー? ไปหรือ? pɑ̄y rʉ́ʉ? といった場合は日本語の「行くんですか?」という表現に近いです。とても「パイ・ルー・プラオ?」に似ていますが、少し問い詰めた感じがします。どちらかと言いますと、「本当に行くのー?」と聞かれたときのイメージをしてみて下さい。
パイ・チャイ・マイ? ไปใช่ไหม? pɑ̄y chɑ̂y mɑ́y の場合は「行くでしょう?」を言いたいときに使います。行くか、行かないか、を確認する言い方です。
どうですか、皆さん?
是非、他の名詞や動詞とあわせて、色んなシナリオで練習してみて下さいね!
Copyright © 2019 Duke Language School. All rights reserved.