Posts

「ヌン・ワン」も「ワン・ヌン」も「1日」という意味だけど、何が違うの?

「ヌン」(หนึ่ง (nʉ̀ŋ)) とは「1」。「ワン」(วัน) wɑ̄n)) とは「日」。

だから「ヌン・ワン」も「ワン・ヌン」も「1日」という意味だけど、何が違うの?

と、首傾げて悩んだことがありますか?

 

実は意味はまったく同じです。どちらも「一日」です。

違いはそのとき、どのような「日」を当てるかにあります。

 

「ヌン・ワン」は「一日の期間」を指し、いつ(日付・曜日など)の一日のことを特定したいときに使います。

 

「ワン・ヌン」は「いつかの一日」、つまり「ある日」と言いたいときに使います。

同じ一日だけど、いつ(日付・曜日など)の一日かを特定しません。

例:
「学校に一日行きました」は「チャン・パイ・ロンリアン・ヌン・ワン」
(ฉันไปโรงเรียนหนึ่งวัน (chɑ́n pɑ̄y rōoŋrīɑn nʉ̀ŋ wɑ̄n))
「ある日学校に行きました」は「ワン・ヌン・チャン・パイ・ロンリアン」
(วันนึงฉันไปโรงเรียน (wɑ̄n nʉ̄ŋ chɑ́n pɑ̄y rōoŋrīɑn))
このように、「ヌン・ワン」か「ワン・ヌン」を使うことによって、まったく違うセンテンスになってしまいますね?
ご自分で色々なシチュエーションに当てはめて、センテンスを作って、練習してみましょう。
ではでは、また次回に!
Copyright © 2019 Duke Language School. All rights reserved.